水のトラブルは他人事ではない

水のトラブルは他人事ではない 当たり前のように水が使える生活を送っているとき、突然やってくる水回りのトラブルで混乱することがあります。とりあえず手でふさいだところで水漏れが収まるわけではありません。粘着テープでぐるぐる巻きにしたところで一時的に水を止めることはできるかもしれませんが、根本的な解決法にはなっていません。
すぐに街の修理屋さんへ相談するのが一番いい方法ではありますが、何も処置をしないまま放っておくと修理屋さんが到着するまでジャバジャバと水が出っぱなしで被害がどんどん広がります。水回りのトラブルに気付いたとき、いかに冷静に行動できるかによって被害の拡大を防ぐことができるでしょう。

■水のトラブルをちょっとぐらいを見過ごさない

水回りで起こるトラブルは身近なものと捉えてください。頻繁に起こるものではないので、なんとなく他人事のような気持になる方もいます。しかし、実際に水回りでトラブルが起こると、生活が不便になり、日常生活を送るのが困難になってしまうこともあるので注意が必要です。水のトラブルと言っても色んなタイプがありますし、場合によっては目に見えないところでトラブルが起こることもあります。そんなとき自分でできることはどんなことなのか知っておくことも大切です。
水のトラブルが大きくなる前に、以前と何かが違うことをキャッチすることで被害を最小限に抑えることもできますから、もしもトラブルがおきたときにどう行動すべきなのか頭の片隅においておきましょう。

■集合住宅でトラブルに見舞われたら即行動へ
戸建てでも大型施設などでも同じことが言えますが、特に集合住宅の場合は自分だけでなくほかの人たちもたくさん暮らしています。そのため、もしも自分の部屋でトラブルがおきたとき、被害を受けるのは自分だけではありません。お隣さんや下の階の人の部屋まで被害が拡大する恐れがあるのです。
なぜ戸建てに比べて集合住宅は水回りのトラブルが起こりやすいのか、もしもトラブルが起きたときはどのように行動したらいいのか、いまのうちに確認しておきましょう。何も知らずに放置しておけば、被害が拡大するだけです。自分のことでパニックになると周囲のことが考えられなくなりますから、水回りでトラブルがおきたときこそ深呼吸をして次に何をすべきか冷静になりましょう。

■水回りのトラブルと保険の話

水回りに関するトラブルがおきたとき、街の修理屋さんに修理を依頼するのが一般的です。修理に必要な工具や道具が揃っていますし、経験も知識も豊富なスタッフなら手早く作業をしてくれます。これらの修理には工事費や修理費がかかりますが、水回りのトラブルがおきたとき、保険の対象になることもあります。
今現在、火災保険や個人賠償責任保険に加入しているか確認しましょう。もしも加入しているなら保険会社に問い合わせをして、実際に起きた水回りのトラブルについて報告してみてください。状況によって保険の対象になることもあります。どのようなトラブルなら対象になるのか、逆に対象にならないのか確認していきましょう。ちなみに個人賠償責任保険は、火災保険に付帯できるようです。

■まとめ
自分たちの暮らしが安全で安心なのは、水回りが整っているからと言っても過言ではありません。水のトラブルがおきたときはかならず修理が必要ですし、もちろん部品の交換で済むこともありますが、場合によっては予想以上のお金がかかってしまうこともあります。トラブルがどんなところで起きやすいか知ることも大事ですし、この機会に加入している保険を見直すことも大事なことです。まだ火災保険に加入していない場合は、これを機に加入を検討してみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース